従来型と新しいドメイン末尾の選び方

インターネットが誕生して間もないころ、ドメイン末尾の選択肢は非常に少なく、.com と .org に加え、.net があったかどうかという程度でした。今ではそれが一変し、選択できるドメインは、実用性の高いもの(.florist)、哲学的なもの(.guru)、面白いもの(.ninja)など、何百種類もあります。その数は今後も増え続けるでしょう。

これだけ新しいドメインの種類がある中、自分自身やビジネスを世界中の人に知ってもらえるような、意味のある、印象に残るドメイン名を作るチャンスはこれまで以上に高まっています。ここでは、トップレベル ドメイン(TLD)や適切なドメイン選びに必要なことを解説します。

新しい TLD を試すメリット

ブランディング
TLD の種類が増えたおかげで、ブランドにとっては商品やサービスの目的や価値がすぐに伝わる独自のドメイン名を作成する際の選択肢が増えました。ドメイン名は、人々がビジネスについて見聞きする最初のものであることが多く、強烈な第一印象を与えることができます。さらに、キャッチーで覚えやすいドメイン名であればブランド価値も付加できます。

空き状況
新しい TLD が登場してからさほど経っていないため、今なら短くて覚えやすいドメイン名を取得しやすいでしょう。比較的新しい TLD は、希望するドメイン名を取得する手段のほか、ドット以降の関連用語を使ってドメイン名を短縮する手段としても利用できます。たとえば、yourfavoritecafe.com であれば yourfavorite.cafe に短縮できます。

ブランドの保護
すでにドメインを取得している企業でも、新しい TLD のドメイン名を購入し、以前のドメインから新規アドレスに誘導できます。そうすれば代替ドメインを誰かに購入されることを防げるだけでなく、より創造性や関連性が高い最新のドメインを活用できます。たとえば、janescoffee.com を所有する企業が janes.coffee を購入するケースが挙げられます。

印象的であること
新しい TLD で独自性を発揮するとビジネスに注目を集めることができ、より印象に残りやすくなります。ただし、長すぎて不格好なドメイン名だと、新しい TLD でも覚えにくくなります。

印象を植え付ける
有名企業の多くは新しい TLD を採用し、人気があるうえに、きちんとした企業であるという印象を与えています。新しい TLD も、いずれは従来のドメイン同様、ありふれたものになるでしょう。だからこそ、他の人に取られる前に、今すぐドメインを獲得することでトレンドの最先端を走ることができます。一方で、新しいドメイン末尾になじみがなく、つい「.com」と入力してしまう人もいるでしょう。

検索に対する影響

新しいドメイン末尾を使っても、検索結果に影響はありません。Google でも他の検索エンジンでも、すべての TLD は平等に扱われます。新しい TLD が検索エンジンのランキングに影響を与えることも、検索結果の下の方に掲載されることもありません。

新しいドメイン末尾を使っても、検索結果に影響はありません。

どのような TLD を選ぶべきか

どのようなドメイン名を選ぶかは、貴社の事業やその目標によって変わります。Google Domains で利用可能な TLD の一覧は、 こちらのページで確認できます。ドメイン名を選ぶ前に検討すべき項目をいくつかご紹介します。

  1. 事業分野に関連性のある TLD はあるか。
  2. 新しい TLD は事業内容を説明するうえで役立つものか。
  3. 新しい TLD によってウェブアドレスがより簡潔で、より印象的なものになるか。
  4. ドメイン名は明確であり、記憶に残るものか。

ドメイン名の選び方について詳しく知りたい場合は、わかりやすいドメイン名を選ぶためのヒントをご覧ください。

貴社ならではのドメイン名を探すには、domains.google でユニークなドメイン名を検索してみてください。

さあ、始めましょう