最適なドメイン名の決め方

ドメイン名の選択は、ブランドやビジネスを確立するうえで最も重要なステップの 1 つと言えます。人が最初によく目にするものの 1 つがドメイン名ですが、ウェブサイトやブランドの印象はドメイン名で変わることがあります。ドメイン名を慎重に選んだ場合はユーザーの関心が高くなり、ウェブ トラフィックが増える可能性がありますが、いい加減に選ぶと逆効果になることもあります。

これは科学的とは言えませんし、絶対的なルールもほとんどありませんが、ブランドを表しブランドに寄与する名前を選ぶ際の拠り所となる原則を次に示します。

良いドメイン名の要素

長さ
ドメイン名に関して言うなら、短いほど効果的です。名前は短いほうが覚えやすく入力も楽なため、ユーザーに見つけてもらいやすくなります。それに、文字数が少なければ目に付きやすくもなります。ドメイン名は 2~3 語を超えないようにすることをおすすめします。

わかりやすさ
ユーザーには、ドメイン名を覚えて正確に入力してもらう必要があります。複雑、あるいは一般的でない単語や名前は覚えにくく、正しく入力するのが困難です。

キーワード
関連性のある単語を使えば、検索で見つけてもらいやすくなり、ビジネスの内容を一目で理解してもらえます。ビジネスの内容、商品やサービス(「coffee」や「cleaning」など)、さらには所在地も、キーワードと言えます。ドメイン名に所在地(「miami」など)を含めると、地元の顧客やユーザーをターゲットにしやすくなるでしょう。

ブランド名
ドメイン名はブランドを表している必要があり、その逆もまたしかりです。ブランドが育つまでには時間がかかるものです。ドメインに独自のブランド名を含めておけば、人目に付き、認知度が高まり、ウェブサイト訪問者の増加につながる可能性があります。ブランド名やドメイン名を作成する場合は、既存のブランド名や商標を使用しないでください。

ウェブサイト名
当たり前のことのようですが、ドメイン名はブランド名と同じか、できる限り似た名前にする必要があります。入力したドメイン名とは異なる名前のウェブサイトが開いてユーザーが混乱する、ということがないようにしましょう。

そこそこでよしとする
完璧な名前を選ぶことに夢中になってしまう人がたくさんいますが、その時間は、まずまずのドメイン名を使って優れたブランドを構築するために費やすこともできたはずです。完璧なドメインを選ぶことに捕らわれてなかなかビジネスやプロジェクトを立ち上げられない、ということにならないようにしましょう。

ドメイン名がないよりも普通のドメイン名のほうがましです。

.com 以外のドメイン名

最も一般的なドメイン末尾(TLD: トップレベル ドメイン)は .com ですが、現在は .academy から .coffee や .photography までさまざまな TLD があります。Google Domains で使用できる新しい TLD の一覧は、こちらのページで確認できます。

TLD の種類が増えたおかげで、ブランドにとっては商品やサービスの目的や価値がすぐに伝わる独自のドメイン名を作成する際の選択肢が増えました。新しい TLD が登場してからまださほど経っていないため、短くて覚えやすいドメイン名を今でもたいてい取得できるからです。もう 1 つの利点は、検索ランキングに悪影響がないことです。そうは言っても、多くの人は依然としてデフォルトで .com を入力する可能性があるため、多くの企業は .com バージョンのドメイン名も購入し、そのドメインからメインのウェブサイトのアドレスが参照されるようにしています。

TLD の詳細と、どの TLD が自分に適しているかについては、ドメイン末尾を従来のものにするか新しいものにするかを決める方法を紹介した記事をご覧ください。

避けるべきこと

ドメイン名の認知に悪影響を与える可能性のある要素をいくつか示します。

  • 数字やダッシュを含むドメイン名。数字やダッシュは入力しにくく、ウェブサイトやビジネスに対する信頼感を低下させる可能性があります。
  • おかしな綴りや別の綴りができる単語(「way」、「too」など)。このような単語を使用すると、サイトが見つかりにくくなる可能性があります。
  • 誤った綴り。綴りが間違っていると、疑わしいサイトのように見られ、フィッシング サイトやマルウェア サイトではないかとユーザーを不安にさせる可能性があります。
  • 他の企業が使用しているブランド名や商標。ドメイン名にこれらを使用することは絶対におやめください。使用した場合は、法的措置の対象になり、ドメインが停止される可能性があります。

では、重要なガイドラインがわかったところで、ドメイン名のアイデアを出し、調査を行い、どのようなドメインを取得できるか確認しましょう。このプロセスを進めるときは、希望するドメイン名が空いていない場合に備えて代わりのドメイン名をいくつか考えておきましょう。

ぴったりのドメイン名を見つける準備ができたら、早速 domains.google で検索を始めましょう。

さあ、始めましょう