マイドメイン
ドメイン購入後にすべきこと

オンライン プレゼンスを確立する第 1 段階として、まずドメインを購入します。では、その後はどのような手順を踏む必要があるのでしょうか。ドメインを取得したら、ウェブサイトの構築、ブランドの確立、オンライン ユーザーの獲得に向けた作業を開始しましょう。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、心配はいりません。ビジネスをオンライン展開するためのシンプルなソリューションは数多く存在しますが、Google Domains は中でも特に優秀なソリューションと提携しています。技術的なノウハウがなくても、ウェブサイトの作成やカスタムメールの設定を行い、オンライン ユーザーを効果的に増やすことができます。Google Domains は多数の支援ツールを提供していますが、目標を達成するには、基本的な戦略を立てることが大切です。ここでは、新しいドメインを最大限に活用するためのヒントをいくつかご紹介します。

ウェブサイトを作成する

ウェブサイト デベロッパーを雇わなくても、プロが作ったような美しいウェブページを自分の手で作成し、商品やサービスをアピールできます。Google Domains は、技術やデザインの経験がまったくなくても、ウェブサイトを簡単に作成できるトップクラスのウェブサイト作成ツール(Blogger、Shopify、Squarespace、Weebly、Wix、Wordpress など)と連携しています。

料金やオプションはそれぞれ異なり、セキュアなホスティング、カスタム テンプレート、ドラッグ&ドロップ対応のデザインやモバイルサイト管理といった便利な機能を提供しています。ドメインを購入したら、自分に適したものを選びましょう。

Google 認定ウェブサイト作成パートナーの詳細

カスタムメールを取得する

yourname@yourdomain や info@yourdomain など、ドメイン名を含むカスタムメールを使えば信頼性や認知度を高めることができます。Google Domains には無料のメール転送サービスが用意されており、カスタムメール エイリアスを最大 100 個まで作成できます。カスタムメール エイリアスに送信されたメールは、既存のメール アカウントに自動的に配信されます。

Google Domains では、Google Workspace に申し込んでチームの全員がビジネス用のメールアドレス(susan@yourcompany.com など)を使えるようにすることもできます。Google Workspace では、チーム全員が Gmail、オンライン ストレージ、高速なファイル共有、簡単に参加できるビデオ会議、ビジネスレベルのセキュリティなども利用できます。Google Workspace はユーザーあたり月額   からご利用いただけます。

Google Domains のカスタムメールの詳細

ドメイン管理を簡素化する

Google Domains を複数のユーザーで利用している場合は、他のユーザーとドメイン管理を簡単に共有できます。所定の権限を持つユーザーの Google アカウントを使って、ドメイン登録、ウェブ プレゼンス(メール エイリアスや Google Workspace アカウントなど)、DNS 設定などを行えるように、各ユーザーにドメインを管理する権限を付与できます。

ドメイン管理の共有の詳細

サイトを宣伝する

オンラインで新しい顧客にアプローチするには、広告やメディア マーケティングが最適です。ウェブサイトへのトラフィックを増やすには、次のような実績あるデータ主導型ツールをご利用ください。

Google 広告
Google 広告を使えば、貴社のような企業を Google で検索している見込み顧客をターゲットにできます。Google 広告は、選択したキーワードに基づき、Google 検索の結果をはじめとする各種の Google サービスに広告を掲載します。予算を設定しておくと、ユーザーがクリックして貴社のウェブサイトにアクセスした場合や、お店に電話した場合などの成果に対してのみ支払いが発生します。

Google 広告の詳細

Google Domains は、プロジェクトやビジネスをスムーズに立ち上げられるように開発されています。ほとんどの作業はドメインの登録後に発生するため、オンラインで成果を上げられるように、最適なツールとサポートを提供いたします。

ドメインを最大限に活用するため、まずは Google Domains のアカウントにアクセスし、メールの追加やウェブサイトの作成、設定の調整を行ってみましょう。まだドメインを持っていない場合は、プロジェクトやビジネスを立ち上げる第一歩として、domains.google で希望のドメイン名を検索してみましょう。

ドメイン名を選択